e-learning の問題点 

 e-learning の特徴は『いつでも』『どこでも』学習できることです。

しかし、便利な e-learning にも家庭で学習する場合、大きな盲点があります。

 

親:勉強してる?

子:やってるよ、うるさいな(実はやっていない)

 

生徒は ”いつでも学習できる(だから明日でもいい)”・・このようになりがちです。

 これが問題なのです。

 

 

50%以上の生徒が家庭でリモート学習をしていない というアメリカからの報告。これでは便利なものも役に立ちません。

なぜ、生徒は家庭で学習できない(しない)のか? ・・・・ 自己管理ができないのです。

 

「いつでもやれる」では「いつでもいい」になりがちなのです。

 

 

 

////////////// Steve Jobsが唱えた『時間自律』   ////////////  

 

iPad を開発した Steve Jobs は、自分の子どには決められた時間にしか iPad を使えないようにしていたというのは有名です。

 「無制限は弊害を招く」と言っていた Steve Jobs 。

 

 

時間制限は価値がある』

  Steve Jobs の言葉をヒントに「時間管理」システムを開発、この『時間制限』システムを Tele Study と命名。

 

 

会社にいかないで家庭でZOOMで出社が新しい社会形態として認められつつあります。

これと同じ考えの学習版が 「テレ・スタディー」 です。

実際に通塾している生徒と同じように 「自宅に居ながら通塾」 します。

したがって「通塾日」も「学習開始時間」&「終了時間」 も実際の通塾生と同じようにあります。

 学習する場所が「自宅」というだけです。
 

 

「Tele Study」 はインターネットを使いますが  e-learning (配信) とは発想が違います。

 ”どこでもドア” で瞬時に教室に移動できるイメージで開発したシステムです。

 

 

「Tele Study」 は 「部活 と 受験(学習) の両立」を可能にしました

 生徒にとって塾が遠ければ通塾は大変です。

その上 ”部活” と ”受験勉強” を両立させるとなると更に困難です。

「Tele Study」 は ”自宅で通塾” しても実際に通塾するのと同じ学習の質を確保。

 「Tele Study」は学習を大きく変えます。

 

「Dragon X の最強管理システム」は「家庭で最大の結果を出す」ために開発されたものです。

 Tele-Study ・・・新しい学習形態で、生徒の家庭での学習を強力にサポートします。