Dragon X 最大の特徴 

 

100点にならないと次に進めない・・・長年の研究からこの学習こそが最善の英語習得術との考えに到達。

このシステムの最大の特徴は ”出来るようになるまでの時間” を予測 できるようにしたこと。

学習する生徒の一番の知りたい(心配な)こと・・・・「どれぐらい時間がかかるの?」を解決しました。

 

 

 

①「高校部」

英作文レベルで作成されています。

 

学習の仕方)

高1では「英文法」として、高2では復習をかねて「英作文」として2度学習します。

大学受験までに時間が無い生徒は高速で2回学習します。

 

このシステムで1度「100点を取った項目」は信じられない位早くできるようになっています。

英語が身についたことが実感できます。

 

 

➁「中学部」

出来る生徒は1項目5分で100点を取れるように調整。

(しかし中身は「新中学問題集」並みにぎっしりです)

 

偏差値70の生徒なら・・・中学1年を 5分×107項目=500分+α で完了します。

             

           出来ない(忘れている)生徒ほど時間がかかります。

          ※実際は何か所かは単元「総合問題」の問題数が多く5分では無理なので600分位

 

 

 

 

/////////////////////   完全習熟 に 必要 な 時間 の 目安  ////////////////////////////

 

●下は 中学3年以降の生徒(主に高校生)が Dragon Xを「復習」として学習して習得に要した時間。

 

        偏差値60以上   40以下

・中学1年    20時間  ~ 50時間 + α

・中学2年      〃

・中学3年      〃

 

高校生でも中学部から学習した方が確実に英語力が身につきます。

偏差値60以下なら絶対です。

 

中学部(基礎)を完了した生徒・・・将来について英語力を保証されます。

 

※ 補足)

中学1年生が「中学1年」を学校と並行学習した場合、

  ↓

おおよそ2倍の時間が必要と考えてください。

 

 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

◆高校1年 からの生徒は「中学部」を1年かけて学習しましょう。

 「中学部」を完全に終わっただけでも全国模試・偏差値50を超えます(80%)。

  (全国で多くの生徒が「中学英語」が出来ていないのに高校生になっているという証明)

 

◆高校2年 からの生徒は出来るだけ早く「高校部」に入れるように努力しましょう。

 大学受験? 大丈夫、余裕で間に合います。

 Dragon はこの学年から学習して大丈夫なように作ってあります。

 

◆高校3年 からの生徒は気合を入れていきましょう。

 努力次第で大学受験は十分間に合います。時間のアドバイスします。

 

 

 

 【中学部・単元構成】

  「大手進学塾」「私立中学校」で多く使用されている「新中学問題集」と同じです。

 

【準拠学習可能】

 New Treasure,    Progress 21, をはじめ

「文部省検定教科書」  Sunshine,  New Crown,  New Horizon   他 全中学教科書を「準拠で学習」できます。