英語は数学と違い「覚える」学習。

このシステムの最大の特徴は英語学習の特徴を活かして「 ”出来るようになる時間” を予測できるようにした」ことです。

 100点にならないと次に進めない・・・このルールから多くの生徒の能力と時間をマッチング。

 おおよそですが ”出来るようになる” 「時間の予測」を可能にしました。

 

 

◆高校1年 からの生徒は「中学部」を1年かけて学習しましょう。

 「中学部」を完全に終わっただけでも全国模試・偏差値50を超えます(80%)。

  (全国で多くの生徒が「中学英語」が出来ていないのに高校生になっているという証明)

 

◆高校2年 からの生徒は出来るだけ早く「高校部」に入れるように努力しましょう。

 大学受験? 大丈夫、余裕で間に合います。

 Dragon はこの学年から学習して大丈夫なように作ってあります。

 

◆高校3年 からの生徒は気合を入れていきましょう。

 努力次第で大学受験は十分間に合います。時間のアドバイスします。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

【 完全習熟 に 必要 な 時間 の 目安 】

↓ 中学3年以降の生徒が(主に高校生) Dragon  を「復習」として活用、習得に要した時間。

 

        偏差値60以上   40以下

・中学1年    20時間  ~ 50時間 + α

・中学2年      〃

・中学3年      〃

 

上記の中学部を完了した生徒。

・大学受験(高校2学年)  100時間 + α

 

 

補足)中学1年生が「中学1年」を学校と並行学習した場合、おおよそ2倍の時間が必要と考えてください。

  ⇒ Dragon での「復習」は「通常(並行)学習」の半分の時間で済みます。

    映像よりも短時間で「確実」に身に付きます。

 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『中学部』の単元構成は「大手進学塾」「私立中学校」で多く使用されている「新中学問題集」と同じです。

 【準拠学習可能】

New Treasure,    Progress 21, をはじめ「文部省検定教科書」  Sunshine,  New Crown,  New Horizon   他

全中学教科書を「準拠で学習」できます。 

 

▼ 超細密 ステップ学習 目次

中学1年

中学2年

中学3年

大学受験Ⅰ

大学受験Ⅱ