生徒達が最も知りたい

 

英語が「確実に出来るようになる」学習法なんてあるの?       

 

 それを使って英語が出来るようになるには「どれ位の時間」がかかるの?

  

 

Dragon X は DX によりこれを解決(特許)! 

 

 

 

 ”教える” ・・・今はネットで「映像」授業を簡単に受講できます。

 

しかし、いくら授業を受けても ”出来るようになったか” は確認するのは困難です。

 

Dragon X はこれを解決しました。

 

 


「学習の虫食い」を自動修復   

 

 DX「デジタル演習」Dragon X

グラフを見てください。忘却曲線と呼ばれるものです。

人間は覚えた直後から忘れが始まります。復習を怠ると凄い速さで忘れていきます。

 

それでは人間はどれぐらい忘れるのでしょう?

なんと20分後には42%も忘れ、1日経つと74%も忘れてしまうのです。

 

 

人間は忘れることから逃れられません。

 

”忘れ”こそが「英語学習における最大の敵」なのです。

 

 

この 「忘れ」 を克服する唯一の方法・・・

 

それは『忘れないくらい何度も復習をする』しかありません。

 

 

 

 

 

 

ピアノは発表会の日まで、何度も何度も 「スラスラ」 になるまで練習して 臨みます。

だから本番でミスをしないのです。

 

ピアノのように  ”スラスラ” になるまで ”何度も” 練習する ・・・・

これが英語ができるようになる第一歩なのです。

 

 

英語も 「スラスラ」 になるまでやればと思いませんか?  

でも、 英語を「スラスラ」 になるまでなんて・・・

 

 

 

その「覚える」相手をしてくれるのが・・・英語の「バッティング・マシーン」

 

「下剋上」英語 Dragon X です。

 映像では不可能

▶  学習の「見える化」を実現!!

 

1.苦手な「項目」 横に伸びた数字の回数から一目瞭然。

  苦手な「項目」ほど100点を取るまで回数がかかります。

 

 

2.100を取るまでの点数の推移・回数から生徒の習熟能力がわかります。

 

 

3.点数にマウスをあてると「かかった時間」「学習日」がポップアップ。

 

  ■左のポップアップした「初回」の時間を見て下さい。51分かかっています。  

  ■右の100点を取った時の時間・・わずか16分で100点になっています。

      ↓        

  最初から出来る生徒は100点を取るのに16分しか掛からないことになります。

 

 

4.点数の色は2時間ごと変わります ⇒ 追いつきたい「目的項目」までの必要時間を簡単に計算できます(次項「Xノート」参照)

 

 

5.「学習中の学年」を完全終了する予想時間が表示されます。

 

 

------------------------------------

 

※「学習履歴欄」は「定期試験直前」「夏休み」などに活用できるように3回学習できるように3列あります。

 

注意)学習直後では覚えているため「復習」は24時間以降のみ学習可能。

 


▶▶「つまみぐい学習」防止システム

 

図のような「飛ばし学習」はするべきではありませんが家庭学習などでは勝手にこのような学習を行う生徒がいます。このような行為は全く身に付きません。

 

このような学習を防止すべく、前の「項目」を100点を取らないうちは次の「項目」に進めない「つまみぐい学習」ができないシステムを考案しました。(先生の指導方針でこのシステムは解除可能)


Dragon X で「習得にかかる時間」学習計画